高周波利用で脂肪吸引

脂肪吸引といっても数種類に渡る施術方法が挙げられます。部分痩せをするのにぴったりだと言われている脂肪吸引という施術方法ですが、受けようと思っている方の中には手術後のダウンタイムを気にする方も多いのではないでしょうか。

ボディタイトダウンタイムとは施術が終わったあとに起こる腫れや痛みなどの症状になります。この症状の状態は受けた方の体質や施術の方法にも異なりますが、ひどい人であれば顔全体が晴れてしまったりなどということもあります。個人差はあるものの、このダウンタイムで脂肪吸引手術を受けるかどうか悩んでいる方に1度考えてもらいたいのがボディタイトという施術方法になります。

ボディタイトは他の施術方法と比べて、痛みも最小限に押させることができる施術方法であると評判です。なぜ痛みが最小限に抑えられると言われているのでしょうか。脂肪吸引をしていく際にはカニューレという脂肪を吸引するための管で脂肪を吸引していくことになります。他の施術方法であればそのまま吸引していくことになります。しかし、ボディタイトで高周波の熱を送ることによって体内の脂肪を柔らかくし、吸引しやすくすることが可能になります。したがって無理なく吸引することができ無駄に血管などを傷つける必要がありません。これが痛みを最小限に抑えることができるポイントとなっています。ちなみに、脂肪吸引を大阪でできるクリニックがあります。ボディタイト以外にもベイザー脂肪吸引、スマートレーザーなど数多くの脂肪吸引法を取り揃えています。ノウハウも豊富な医師がいるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。